tecoloてころのブログ

tecolo.exblog.jp
ブログトップ

完熟・無農薬のフレッシュな生ブルーベリー

ことしのブルーベリーは甘い!美味しい!と評判です。
完熟・無農薬のフレッシュな生ブルーベリー。
e0270098_1040294.jpg

暑い暑い埼玉県は熊谷市で収穫されたばかりの生ブルーベリー。
3年目の今年も販売しています。

7/13(2014年)の日曜日に、スタッフはの熊谷市を訪ね、
『手作りジャム工房MITSUMOTOYA』の
小柴さんや生産農家の方にブルーベリーの
様子などお伺いしてきました。

今年は日照りもよく順調に
育っているようで、「豊作になりそう。」
とおっしゃっていました。

今年のブルーベリーの木。たわわに実りつつあります。 14/07/13撮影
e0270098_10425187.jpg

ブルーベリーの種類は昨年と同じ
「ティーフブルー」。
甘みと酸味が程良い中粒のブルーベリーで、
口に入れるとジュワと甘い果汁が
はじけて、スキッとした酸味とともに
爽やかな風味が広がります。 
e0270098_1044032.jpg


ブルーベリーの実はひとつひとつ丁寧に
地元の方の手により収穫されます。
e0270098_10442581.jpg

簡単に思っていたブルーベリー摘み。
目の前のブルーベリーは簡単に摘めるのですが
陽のあたる上のほうや奥のひそんだところにある
まあるく太った、今にも枝から落ちそうな実や
木の下の方にある美味しそうな実は
しゃがんだり、枝をかき分けて中腰になったり
けっこう重労働です。
しかも指で触って熟し具合の感触を
確かめてから一粒一粒摘むので時間の割に
たくさん摘めません。

それに『暑いゾ!熊谷』で有名ですから、
日中はとにかく暑いのです。
そんな中、日焼けと蜂や虫対策のため、
長袖、長ズボン、首にはタオル、頭には
タオルを垂らした帽子に手袋・・・。
おいしいものは簡単に手に入らないのです。

パクパクそのまま食べたり、ジャムにしたり、
ヨーグルトやアイスクリーム、スムージーにして、食べ方いろいろ。 
e0270098_10452843.jpg


ブルーベリーの食べ方は、生でそのままでもよいですが、
ジャムにして、ハンバーグのソースにしてもおいしいそうです。
特にジャムは皮をむいたりする下ごしらえが必要なく、
そのままブルーベリーを鍋に入れるだけなので簡単です。
MITSUMOTOYAさん直伝のジャムレシピも付いています。

生食用で1kgとたっぷりとありますので
パクパクそのまま食べたり、ジャムにしたり、
ヨーグルトやアイスクリーム、
冷凍してスムージーに・・・といろいろな
食べ方をお楽しみくださいませ。

もちろん、無農薬だから安心。
完熟で美味しいブルーベリーを今年もどうぞご賞味下さい。
e0270098_10462248.jpg


ブルーベリージャムの作り方がついています。
【無農薬】生ブルーベリー1kg
http://jfish.jp/item/1442.html


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村
↑ 
足あとかわりにぽちっと
ありがとうございます(^-^)


*tecolo*
by tecolo | 2014-08-15 10:54 | MITSUMOTOYAだより | Comments(0)