ブログトップ

tecoloてころのブログ

安心な暮らしが好き。手作り石けん&材料道具店


by tecolo
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

オーガニック認証といっても、いろいろあるようです

先日、オーガニックコスメのセミナーに

行って来ました。


一言でオーガニックといっても

いろいろあるのですね。


まず、ナチュラルコスメと

オーガニックコスメの違い。


●ナチュラルコスメとは、

植物由来、天然由来のものを使用

●オーガニックコスメとは、

上記の植物がオーガニックであること


オーガニックといえば、

その認証機関のマークが有名です。


例えば、エコサート(フランス)、

Natrue(EU)、USDA(アメリカ)、

ACO(オーストラリア)、BDIH(ドイツ)

・・・など、世界にオーガニック認証機関

がありますが、認証基準は統一されて

いないそうです。


特に驚いたのが、石油系合成物質も

一部OKとしているオーガニック認証機関

があるということ。


●石油系合成物質も一部OKなオーガニック認証機関

・コスモス(BDIH、エコサートなどヨーロッパの認証5団体が作った統一団体)

・Natrue(EU)、ACO(オーストラリア)

●石油系合成物質はNGのオーガニック認証機関

・demeter(ドイツ)

・USDA(アメリカ)

・JOCA(日本)


BDIH、エコサートなどヨーロッパの

認証5団体が作ったオーガニック統一認証

団体「コスモス」は石油系合成物質

一部OKで、特に合成防腐剤の安息香酸や

一部の合成界面活性剤も認証基準として

認められている、ということを聞き、

思わず耳を疑いました。


ちなみに安息香酸などは旧指定成分です。

旧指定成分とは、薬事法(現薬器法)で

「アレルギーなど皮膚障害を起こす恐れの

ある物質」として表示するよう指定された

成分。


そんなものにオーガニック認証のマークが

付いているとは・・・

なかなか頭が混乱する話でした。


やはり自分で選んだ材料で手作りするのが

一番安心かもしれません。


e0270098_15331739.jpg


















手作り石鹸、スキンケア作りのまとめ
tecoloてころレシピノートもご覧ください。




by tecolo | 2018-02-23 16:30 | 手作りスキンケア | Comments(0)