tecoloてころのブログ

tecolo.exblog.jp
ブログトップ

ムラサキの紫根石けん&紫根化粧水

生薬でも有名な『紫根(シコン)
e0270098_15524907.jpg
















紫根は石鹸、化粧水、美容オイルなどに
取り込んで、肌トラブルや美容効果を
期待している方が多くいますね。

紫根を化粧水にして
見た目年齢を若返らせたという
「紫根化粧水」。

たしか2010年頃、TVで放映されて
とても話題になりました。
その時の作り方はこんな感じ。
漢方薬局の方にお聞きしました。


●紫根化粧水
e0270098_15481950.jpg



















1)300ccの水に紫根15gを入れ、
 強火で沸騰させ、
 その後、約15分弱火で煮込む。

2)茶漉しやガーゼなどで濾し
 冷まして、密閉容器に移して
 出来上がり。

※冷蔵庫などで低温保存し、
 早めに使います。
※紫根を煎じる時は
 ガラスやホーローの鍋を
 使用してください。
(鉄鍋や銅製の鍋は使用しない)

--------------------------

出来上がった紫根化粧水を
コットンや手のひらに取り
パッティングします。

試してみると肌が滑らかになり、
肌がすべすべ、いい使い心地です。
使い続けると美肌になりそうです113.png
でも匂いが少しきつい・・・
と感じたのが正直なところ105.png

半分くらいまで使ったのですが
匂いに我慢できず、残った
化粧水は精製水代わりにして
石けんに使いました。

紫根を使って石鹸を作る時は
浸出油にして作るのが一般的で
オイルの有効成分を取り込めると
言われていますが、精製水の
代わりに紫根化粧水を使っても
滑らかな紫根石鹸ができました。

洗い心地がとってもいい!
あの匂いもなくなりました。

ただ、ムラサキ色ではなく
ハーブティーのような茶色の石鹸に
なりますのでご注意くださいね。

石けんをムラサキ色にしたい時は
浸出油で仕込みます。

--------------------------

●紫根のムラサキの石けん
e0270098_15521251.jpg
















【材料】

紫根浸出油(オリーブオイルに紫根を浸けたもの)・・・350g
ココナッツオイル・・・100g
パームオイル・・・50g
精製水・・・194g
苛性ソーダ・・・66g

【作り方】

1)石けんの基本の作り方にそって、石けんを仕込む。
2)4週間熟成させて出来上がり。


--------------------------

作っていて何より楽しいのが
苛性ソーダ水をオイルに
ゆっくりと入れる時に
見れる色の変化。

綺麗な赤色から徐々にえんじ色になり
紫に向かっていくかと思ったら
青色に変わります。
その後型入れ時には灰色に
型から出し、空気に触れると
紫色に変わります。
楽しいですね!

●色の変化:赤→青→灰→紫




にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ






by tecolo | 2018-02-24 21:20 | 手作り石けん | Comments(0)