tecoloてころのブログ

tecolo.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 02月 ( 15 )   > この月の画像一覧

ホホバオイルを使ってみよう!

最近、肌が荒れてしまって
どうも落ち着かない。
「そうだ。数年前に使っていた
ホホバオイルを使ってみよう!」

とその後、
手作りの化粧水とホホバオイル
肌は落ち着いてきましたと、
お客様より、
うれしいご連絡をいただきました110.png

この方のように
手作りをお休みされていた方が
肌のトラブルをきっかけに
再開されることも多いのです。

季節の変わり目は肌トラブルも多いので
うまく冬から春へ、チェンジしたいですね178.png

●ホホバオイル●

ホホバオイルは精製と未精製のタイプがあります。
これは精製タイプのホホバオイル。
e0270098_20113480.jpg
●ホホバオイル●



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ

にほんブログ村

↑ 

足あとかわりにぽちっと

ありがとうございます(^-^)

*tecolo


[PR]
by tecolo | 2018-02-28 20:13 | tecoloの日記 | Comments(0)

ただ今、試用中

最近、アルガンオイルをためしています。


ヒートテックにも保湿力を高めるために

アルガンオイルを繊維に使っているそうです。


アルガンオイルが注目されはじめたのが

約10年ぐらい前でしょうか。


手作り石けんや化粧品にも使われたりしていますが、

原産量が多くないため、贅沢なオイルで

あることは変わらないようです。


使ってみると人気の理由がわかるような気がします。


このアルガンオイル、

また近々ご紹介するつもりです。


下の画像はモロッコでヤギがアルガンの実を

食べているところです。




にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ

にほんブログ村

↑ 

足あとかわりにぽちっと

ありがとうございます(^-^)

*tecolo



[PR]
by tecolo | 2018-02-27 22:52 | オイル | Comments(0)

花粉症に使えるエッセンシャルオイル

e0270098_18140485.jpg
こんにちは。
スタッフのヒトヒトです。


今朝は鼻がぐすぐす、喉がいがいが
いよいよ花粉症の本格化シーズン到来です。
トホホ・・・

花粉を取り込まないように
外出する際にはマスクが必須。
洗濯物を干す時にもマスクを装着して
ベランダに出ています。


マスクには必ずエッセンシャルオイルを
1滴ぽとりと落として、マスクの中は
スースー状態になっています。

花粉症に使えるエッセンシャルオイルは
ティートリー・ユーカリ・ペパーミント。
単品でつかうもよし。ブレンドするもよし。
しばらくはこの精油たちにお世話になります155.png


ティートリー
抗菌、抗ウィルス、抗真菌作用が高いと有名
e0270098_18235593.jpg

ユーカリ
スッーと喉や鼻の通りがよくなる印象
殺菌効果も高く集中力もアップ!
e0270098_18243332.jpg

ペパーミント
鼻づまり、リフレッシュなどに
e0270098_18280686.jpg


すっきりブレンド
清涼感のあるユーカリとシャープで清潔感のあるティートリー
ペパーミントとレモンバームのさわやかさをプラスした
ブレンドエッセンシャルオイル
すっきりとクリアで気分転換したいときに
e0270098_18284954.jpg


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ

にほんブログ村

↑ 

足あとかわりにぽちっと

ありがとうございます(^-^)

*tecolo

[PR]
by tecolo | 2018-02-26 21:00 | アロマ | Comments(0)

さっぱりするローションを作りました

ジェリーフィッシュの千古です。
春が近づいているとはいえ、
肌がカサつくので、
サッパリしつつ、保湿力もある
メンズローションを日曜の午後
ちょこちょこっと作ってみました。


作るといっても、
計って混ぜるだけなのですが・・・。

まず、用意したもの。

e0270098_15092665.jpg
■材料
・ラベンダーの精油 5滴
無水エタノール 10ml
植物性グリセリン 5mlぐらい
カモミール・ローマンウォーター 100ml

■容器、道具
ビーカー100ml
化粧水ガラス瓶(100ml)
ミクロスパーテル(※上の画像では薬さじです)
計量スプーン

では、手作りスタート。

ビーカーに無水エタノール10ml、
ラベンダー精油 5滴、
植物性グリセリン5mlぐらいを
計量スプーンで入れ、
ミクロスパーテルでよく混ぜます。

e0270098_15102620.jpg
次にカモミール・ローマンウォーター
をいれて、また混ぜます。

e0270098_15112228.jpg
それを化粧水ガラス瓶に入れます。

このまま、
カモミールローマンウォーターの
容器に戻そうかと思ったものの、
精油を入れているので、
やはりガラス瓶に入れました。

e0270098_15141498.jpg
この化粧水ガラス瓶、ずっと
使えていいのですが、中栓が
固いので、ミクロスパーテルを
上手く使って取りました。

e0270098_15122183.jpg
最後にその辺にあったマスキングテープ
に日付と内容を書き、
貼り付けたら完了。

ラベルの雑さが
男の手作りっぽいですね。

e0270098_15144014.jpg
ビーカーからガラス瓶に入れる
時から、ラベンダーとカモミールの
香りが漂っていましたが、
使ってみると、サッパリと
しながらも肌にやさしい使いごこち。

今回は写真を撮りながらだったので
10分ぐらいかかりましたが、
作るだけなら5分もかからないかも
しれません。

あと、メンズローションと書きましたが、
女性でも問題なく使えます。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ

にほんブログ村

↑ 

足あとかわりにぽちっと

ありがとうございます(^-^)

*tecolo

[PR]
by tecolo | 2018-02-25 15:42 | 手作りスキンケア | Comments(0)

ムラサキの紫根石けん&紫根化粧水

生薬でも有名な『紫根(シコン)
e0270098_15524907.jpg
















紫根は石鹸、化粧水、美容オイルなどに
取り込んで、肌トラブルや美容効果を
期待している方が多くいますね。

紫根を化粧水にして
見た目年齢を若返らせたという
「紫根化粧水」。

たしか2010年頃、TVで放映されて
とても話題になりました。
その時の作り方はこんな感じ。
漢方薬局の方にお聞きしました。


●紫根化粧水
e0270098_15481950.jpg



















1)300ccの水に紫根15gを入れ、
 強火で沸騰させ、
 その後、約15分弱火で煮込む。

2)茶漉しやガーゼなどで濾し
 冷まして、密閉容器に移して
 出来上がり。

※冷蔵庫などで低温保存し、
 早めに使います。
※紫根を煎じる時は
 ガラスやホーローの鍋を
 使用してください。
(鉄鍋や銅製の鍋は使用しない)

--------------------------

出来上がった紫根化粧水を
コットンや手のひらに取り
パッティングします。

試してみると肌が滑らかになり、
肌がすべすべ、いい使い心地です。
使い続けると美肌になりそうです113.png
でも匂いが少しきつい・・・
と感じたのが正直なところ105.png

半分くらいまで使ったのですが
匂いに我慢できず、残った
化粧水は精製水代わりにして
石けんに使いました。

紫根を使って石鹸を作る時は
浸出油にして作るのが一般的で
オイルの有効成分を取り込めると
言われていますが、精製水の
代わりに紫根化粧水を使っても
滑らかな紫根石鹸ができました。

洗い心地がとってもいい!
あの匂いもなくなりました。

ただ、ムラサキ色ではなく
ハーブティーのような茶色の石鹸に
なりますのでご注意くださいね。

石けんをムラサキ色にしたい時は
浸出油で仕込みます。

--------------------------

●紫根のムラサキの石けん
e0270098_15521251.jpg
















【材料】

紫根浸出油(オリーブオイルに紫根を浸けたもの)・・・350g
ココナッツオイル・・・100g
パームオイル・・・50g
精製水・・・194g
苛性ソーダ・・・66g

【作り方】

1)石けんの基本の作り方にそって、石けんを仕込む。
2)4週間熟成させて出来上がり。


--------------------------

作っていて何より楽しいのが
苛性ソーダ水をオイルに
ゆっくりと入れる時に
見れる色の変化。

綺麗な赤色から徐々にえんじ色になり
紫に向かっていくかと思ったら
青色に変わります。
その後型入れ時には灰色に
型から出し、空気に触れると
紫色に変わります。
楽しいですね!

●色の変化:赤→青→灰→紫




にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ






[PR]
by tecolo | 2018-02-24 21:20 | 手作り石けん | Comments(0)

オーガニック認証といっても、いろいろあるようです

先日、オーガニックコスメのセミナーに

行って来ました。


一言でオーガニックといっても

いろいろあるのですね。


まず、ナチュラルコスメと

オーガニックコスメの違い。


●ナチュラルコスメとは、

植物由来、天然由来のものを使用

●オーガニックコスメとは、

上記の植物がオーガニックであること


オーガニックといえば、

その認証機関のマークが有名です。


例えば、エコサート(フランス)、

Natrue(EU)、USDA(アメリカ)、

ACO(オーストラリア)、BDIH(ドイツ)

・・・など、世界にオーガニック認証機関

がありますが、認証基準は統一されて

いないそうです。


特に驚いたのが、石油系合成物質も

一部OKとしているオーガニック認証機関

があるということ。


●石油系合成物質も一部OKなオーガニック認証機関

・コスモス(BDIH、エコサートなどヨーロッパの認証5団体が作った統一団体)

・Natrue(EU)、ACO(オーストラリア)

●石油系合成物質はNGのオーガニック認証機関

・demeter(ドイツ)

・USDA(アメリカ)

・JOCA(日本)


BDIH、エコサートなどヨーロッパの

認証5団体が作ったオーガニック統一認証

団体「コスモス」は石油系合成物質

一部OKで、特に合成防腐剤の安息香酸や

一部の合成界面活性剤も認証基準として

認められている、ということを聞き、

思わず耳を疑いました。


ちなみに安息香酸などは旧指定成分です。

旧指定成分とは、薬事法(現薬器法)で

「アレルギーなど皮膚障害を起こす恐れの

ある物質」として表示するよう指定された

成分。


そんなものにオーガニック認証のマークが

付いているとは・・・

なかなか頭が混乱する話でした。


やはり自分で選んだ材料で手作りするのが

一番安心かもしれません。


e0270098_15331739.jpg


















手作り石鹸、スキンケア作りのまとめ
tecoloてころレシピノートもご覧ください。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ








[PR]
by tecolo | 2018-02-23 16:30 | 手作りスキンケア | Comments(0)

市販の化粧品があわない・・・・

手作り石鹸や化粧水やクリームを作るのは
ナチュラルなものにこだわりたい
ということもありますが
市販されている化粧品が肌にあわない・・・
といった理由があります。

たまに、
試供品でいただいた化粧水や乳液なども
使ったりもしますが
肌がぴりぴりしてしまったり
香りがきつかったりと
自分の肌にあうものを探すけれども
作ったほうがてっとり早かったりします。

精製水とグリセリンと精油だけで化粧水。
バターと植物油でクリーム。

化粧水は、精製水をフラワーウォーターに変えたり
精油はスキンケア効果を期待して
ラベンダーフランキンセンス
ちょっと高価にローズを使ったり。
自分好みにカスタマイズできるのが
いいところですね。


手作り化粧水にはこのシンプルな円柱形の中栓つきガラスビンがぴったり。
e0270098_10404165.png



















●フランキンセンスの化粧水の作り方

【材料】
植物性グリセリン・・・ 5ml
精製水・・・・・・・・100ml
・エッセンシャルオイル
 フランキンセンス・・・ 2滴

【作り方】
1)植物性グリセリンを瓶に入れ、
  エッセンシャルオイルを入れる。
2)軽く混ざったら精製水を入れて
  さらによく振って出来上がり。


手作り石鹸、スキンケア作りのまとめ
tecoloてころレシピノートもご覧ください。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ







[PR]
by tecolo | 2018-02-22 12:30 | 手作りスキンケア | Comments(0)

クリアランスセールが始まりました♪

2月も後半ですね。
tecoloてころでは、2/28までの
決算クリアランスセールがはじまりました101.png

今回のセールは精油や容器など
約60アイテムがオトクです♪

いちばんのお買い得は
大容量50mlサイズのラベンダーフレンチ
レモングラスローズマリースイートオレンジ
ティートリーオーガニックなどがおすすめ♪
e0270098_19262357.jpg

















e0270098_19232026.jpg




















手作り化粧水クリーム容器 などもご用意しています110.png

こちらからどうぞ↓
てころクリアランスセール【2/21(水)17:00~2/28(水)23:59】





[PR]
by tecolo | 2018-02-21 19:30 | お知らせ | Comments(0)

春への準備は心身の浄化から、ジュニパー

アロマセラピストの澤本誠子さんのコラム
【てころかほり手帖】を更新しました♪


精油のジュニパーを使って
冬から春へ、うまく季節チェンジする
芳香浴のヒントやアロマスプレー、
フットバスのレシピなど
コラムとともにご紹介します。

和名でセイヨウネズと云われる
ヒノキ科のジュニパー
渋くて、かっこいい
針葉樹で森林系の香りです。
ぜひ、ご覧ください。

てころかほり手帖

e0270098_17573447.jpg






























[PR]
by tecolo | 2018-02-20 12:30 | てころかほり手帖 | Comments(0)

日本のガラス工房が減っている

「てころtecoloはガラスボトル がたくさん揃っていて楽しい」
という声をたまにお聞きします。

例えば、製品名はワグナー瓶 という名のボトル。
弊社が「スパイスボトル 」と名づけて発売したのが
10年ぐらい前。

今ではすっかり「スパイスボトル 」として定着しましたが、
これも「半人工」の日本製ガラスボトルです。

同じく弊社が名付けた「フリフリボトル 」も塩、コショー
などの調味料入れとして人気のアイテムです。

e0270098_12550194.jpg
植物油や精油の容器として安心なものを探しているうちに、
自然とガラス製品が増えていきました。

ほとんどが「半人工」と言われる人の手が
携わって作ったものなので、独特の手作り感が
残っています。

以前、訪問した東京のガラス工房では高熱の溶解炉を
囲むように若者から高齢の男性まで20人ぐらいの
職人さんが鉄棒を使って、真っ赤に燃えたガラスを
器用に製品にしていくところを見た時には感嘆しました。

ただ、溶解炉が間近なので半端ない暑さ、
職人さんは塩を舐めながら作業されていました。

でも、こういった日本のガラス工房もどんどん
減ってきているそうです。

理由は、様々でしょうが、一番大きな原因は、
アジアなど海外からの安価なガラス製品が
増えたことと、容器素材がプラスチックに
変わってきたこと。

でも、溶解炉の火を落とすことは年に数回
しかできないので(一度落とすと再燃させる
までの時間とコストが膨大にかかる)、
燃料費や維持費がかかる・・・。

こうしてせっかくの日本の製品が減っていくのです。

「洗えばまた使える」、「油や精油に強い」、
「割れたらリサイクルできる」、
そして「ガラス独特のあたたかさと美しさ」
というガラスならではの良さを見直して、
使っていきたいなと思います。

e0270098_12554980.jpg


[PR]
by tecolo | 2018-02-19 13:19 | ガラス容器 | Comments(0)